本文の開始

禅宗のひとつ臨済宗の坐禅のお話「おかげさま」- 息を大切にする「坐禅」

色々な妄自を捨てる方法が「息」を大切にする「坐禅」。
禅宗のひとつ臨済宗妙法山正眼寺が母体の正眼短期大学で私が学んだことを、皆様にお伝えします。

息を大切にする坐禅「おかげさま」

おかげさま

息を大切にする「坐禅」

まずは坐る場所を決め、その場に合掌・礼拝をします。

一、調身 ・・・
足を組み、背骨をまっすぐに立てて、身体を前後左右に揺らし、位置決めをします。決めたら「どっしり」と坐ります。
二、調息 ・・・
息は深く吐き深く吸う。臍下10cm位の筋肉(丹田)を意識する。複式呼吸の繰り返し。一番大切なことは「息を吐ききる」。それにより新鮮な空気を体に取り込む。目は半眼。
三、調心 ・・・
調身ができ・息を意識し呼吸が整えば、自ずと心が整う。あとは、ただただ坐る。

1.調身 2.調息 3.調心 「息とひとつとなる、そして宇宙とひとつになる」

結跏趺坐(けっかふざ)

結跏趺坐(けっかふざ)

両足の甲をそれぞれ反対のももの上にのせて押さえる形の坐法です。先に右足を曲げて左足をのせる降魔坐(ごうまざ)と、その逆の吉祥坐の2種があります。仏の坐法で、禅定(ぜんじょう)修行の者が行います。蓮華坐(れんげざ)とも呼びます。

半跏趺坐(はんかふざ)

半跏趺坐(はんかふざ)

結跏趺坐(けっかふざ)の略式の坐法です。片足を他の片足のももの上に組んで座る形です。菩薩坐(ぼさつざ)・半跏・半跏坐とも呼びます。

椅子禅(いすぜん)

椅子禅(いすぜん)

足を組めなくても大丈夫です・・・このように椅子に坐って頂いてもOKです。


歩行禅・ウォーキング・メディテーションでマインドフルネス(気づきの瞑想)

 今回はウォーキング・メディテーション(歩く瞑想)歩行禅について尾瀬ヶ原にて実践してみます。歩行禅とは「息を吐きながら 吐く息に気づく 息を吸いながら 吸う息に気づく」 あくまでも吐く息 吸う息に意識を向ける。今回は音はありませんが、皆様も一度野外に出掛け実践してみて下さい。

このページのTOPへ

ページの終了